レベルの高いひつまぶし

Après nous le déluge

帰省3

実家へ帰って母親とまったり過ごす

お金つかうね結構、ほぼ外食だし仕方ないか


帰りは高速の渋滞を見越して早めに出たけど、やっぱり広川SAで捕まってしまいました。しかも事故渋滞

正月から大変ですね

早めにレンタカーを返して博多駅

すると博多、小倉間で架線にタコが引っ掛かって遅延!!

これも腹がたったけど、子どもが凧上げもできない世の中も嫌だから我慢我慢

30分遅れで博多発になった最終のひかり号

博多発時点では、新大阪での御堂筋線最終への乗り換え不可能だったけど

JR西日本回復運転を頑張ってくれて、最終的に5分詰めて貰ったので、なんとか御堂筋線の最終に乗れて江坂へ、大浴場入って2時過ぎに就寝

 

このサイトがすごく役に立ちました。

JR新大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗り換え|画像で納得!乗り場の場所

帰省2

5時前の夜の部が始まる直前に行ったのだけれど、結局食べ始めたのは午後7時過ぎ

すっかり疲れてしまった

しかし味とコスパは最高

特上と上のセットを食べたけど1500円の特上2つでよかった

こりゃ人気でるでしょ

 

翌日6時にホテル出てマックで朝飯食べてるときに、ホテルの冷蔵庫に薬を忘れたのに気がついた

新幹線まであと25分、どうするか迷ったけど思いきってホテルへ

と、これが失敗

気がついた瞬間に気が動転してしまって今度はマックにタブレットを忘れる

さらにあわてて取りに帰ったら、あった~、良かった~

ホテルもフロントまだ空いてないから警備のおじさんだったけど素早く対応してくれて忘れ物取って新幹線のホームへ駆け込んだのが発車2分前

 

新幹線はやっぱり早いね、18切符なら立ち通しで泣きそうになる兵庫と岡山の県境山越えが、息を整えているうちに過ぎちゃうし

今、1時間乗ったところで広島に着いたところです

帰省1

f:id:hiroshi44103:20171229125940j:plain

 年末までバタバタと仕事して実家へ帰る

飛行機+メジャーなレンタカーだと15万コースになるので、今回はニコニコレンタカーと新幹線にした

これだとトータルで5万円くらいに収まるので助かるのだ

 

しかし東京~博多間を新幹線で乗り通す客は少ないので、この区間の安い切符は少ない

そこで山陽新幹線版のぷらっとこだま的なチケットを使うことにした

これだと年末年始でも新大阪~博多間が片道1万円を切る

ただし、山陽新幹線は誓願駅を作りまくっているので、こだま号で乗り通すと5時間かかる

しかし実はこのチケット、朝イチと最終のひかり号にも乗れるのだ

これだと片道3時間ということで、抽選に申し込んで無事手に入れた

もう一つ問題かあった

最終は午後11時半着だからいいけど、朝イチのひかりは新大阪6時発になる

それだとホテルは5時台出だ

そこで姫路に泊まって30分の余裕を作ることにした

姫路発、6:37 この37分の余裕が僕を救ってくれることになるとは。。。

 

28日、定時より30分早上がりさせてもらって、気持ちプールに入ってスタート

翌日朝早くスタートしても姫路に着けるが、早く出かけたかったみたい<自分

18切符で青梅線南武線東海道本線と乗り継いで静岡に午後11時過ぎに到着

駅前のマンガ喫茶6時間コース

ホットペッパーの期間限定1500円クーポンを使って実質300円で宿泊

最近リニューアルしたばかりなのでキレイでした

フラット席だったので少しは寝れたし

 

翌日は5:01発の始発で西へ、乗り継いで昼過ぎに姫路着

実は、このまま乗り継いでいくと最大で久留米まで行けた

まぁそれも面白いけど疲れるしね

姫路をゆっくりとぷらぷら

初めて行った姫路城はなんと年に2日だけの休城日

周りをぐるっと見て回って雰囲気味わってホテルへ

ここもクーポン使って3500円で泊まれた

晩飯は昼に食い損ねた立ち食い寿司へ

 

ここがスゲー人気で参った

大人の休日倶楽部パス その2

3日目は岩見沢スタート

頭の中の路線図では富良野に行くのは旭川まわりって思っていたけど

滝川から根室本線を使うと長いトンネルでショートカットできるのね

富良野は電車がいいかも

 

駅前でなんかマルシェやってたけど

すぐに美瑛行きのノロッコに乗ってラベンダー畑(仮)へ

富田ファームが良い感じ

 

時間余ったので美瑛で1時間

あーレンタサイクル借りればよかったと後から公開

誰もいない役場の見晴らし塔へ登る

 

取って返して上富良野から1人マイクロバスで十勝岳温泉へ

ここは良かった。温泉入っちゃ寝、入っちゃ寝の繰り返し

 

1280m、色は泥水みたいだったけど

 

またバスで降りて

ここは自転車持ってきたいね

普通の検索だと旭川周りしか出ないけど

根室本線を東鹿越まで進んで代行バス新得

石勝線を南千歳まで戻ってスーパー北斗

 

そのおかげで1本前のスーパー北斗なので函館で40分できてラッキーピエロ

くどいだけでした。塩ラーメン食えばよかった

 

乗り継いで11時前に古川へ

 

2日目と同じタイミングで鳴子へ行って

9:58分で帰る

大宮で あさま乗り換えは無理で新三郷のコストコ

そのまま帰って食いすぎて次の日も休みましたとさ

 

調べたら全部で8万円分以上乗ってる、まさに青春50きっぷですね

 

大人の休日倶楽部パス

最近、Facebookは仕事上の繋がりが増えてきて自由に書けないのでこっちに書きます。


去年50になった。

下天の内を比べれば一昼夜なんだろうけどまぁ年取ったよね

この年まで未婚なら一生結婚しないって年だ

でも、悪いことばっかりじゃない

JR東日本JR北海道の共同企画で大人の休日倶楽部パスという切符が買える。

JR東日本版は4日で15000円
東日本+北海道版は5日で26000円で新幹線と特急(もちろん快速と普通列車も)乗り放題だ
指定も6回までできる
今回休みを取って東日本+北海道版を使ってみた。

4日しか休めなかったので、初日は夜まで働いて仕事終わりにスタート
立川駅から使い始めたんだけど、新宿まで特急かいじに乗れたんだけど見逃した。
後から、あっ乗れたんだ、と気がつく始末
骨の髄まで18きっぱーだ

初日は宮城県の古川まで
11時前に着いて就寝

翌日、6時半からのホテルの朝食食べて7:02古川発で鳴子温泉
8時前に着いて外湯に入って9:18古川着
ホテルへ戻って支度して9:50の盛岡行きのはやぶさに乗り込む
古川に停まるタイプのはやぶさは各駅停車だから盛岡まで1時間かかる
だから時間だけで言うと9:58古川発の上りはやてで仙台まで引き返しても、各停はやぶさに乗って盛岡で乗り換える速達タイプのはやぶさに乗れちゃう
ただ、はやぶさ/はやては全席指定で、空いてる普通車指定席に座っていいのは
(1)仙台~盛岡間に停まる場合、その区間内で
(2)盛岡~新函館北斗
なので、古川→盛岡乗り換え→新函館北斗というルートだと指定が必要なくなる
全部で6回なので貴重なのだ

東北新幹線は仙台以北はガラガラとガセ情報流す輩がいるけど、速達のはやぶさは混んでたよ
盛岡では座れず八戸でやっと空いた

空いたのはいいけど酔っぱらいが騒いでいてうるさかった
せっかくの八戸~新函館北斗初乗りなのに

青函トンネルは徐行だね25分かかった50キロメートルを

新函館北斗の乗り換え10分の隙に、明日の富良野行きの特急指定席を押さえる
窓側がとれた、これはプラス
岩見沢停まらないと思って滝沢から買っちゃった

スーパー北斗は遅い遅い、札幌まで4時間
まあ、東京~名古屋間の距離だもんね

途中、トンネルとトンネルの間のわずかな隙間に異様な駅発見
日本一の秘境駅、小幌駅でした
以前、北斗星と急行はまなすで何回か通ったけど夜だったから気がつかなかった模様
5時に札幌着
まーちゃんとジンギスカン食べるつもりがドタキャン食らって、札駅の6階にある、根室はなまるへ
予約して呼び出しまで急いで大通公園
時計台も回って帰って来てドンピシャ
久々に13皿も食べた

仕事ばっかりしてきたので時間の使い方が効率的になりすぎてる
全然隙間がない
僕の旅行はこんなんじゃない、と思った

だから、最後岩見沢までの特急の時間わざと調べなかった
後でみたら、直前に出たみたいで、知ってたら走ったな、それで20分速く着いてどうする

最後はあえて各停で岩見沢

初日、古川もいいけど新青森の近くの24h健康ランドという選択肢もあるね

 

気になるCM

GALAXYの時空を超えるCMの時代考証が気になる

特に卑弥呼の出てくるやつ
https://youtu.be/zhdBhCovs-I

女性の顔が現代的な美人であること
弥生時代って言ってるのに支配層の男性が思いっきり縄文顔なこと
いろいろ突っ込みどころあるんだけど
一番ダメなのは身長だろう
この頃の日本人の平均身長は160センチあるかないか
178ある山崎賢人と肩組んでいるのが納得できない
仕草自体も西洋人ぽいしね

ヨーロッパ企画

すげー久しぶりに女性を誘った。

芝居好きな人に、人気劇団の新作のチケット手に入れて

下北で日曜日の昼間の公演

 

これでだめなら俺よっぽど嫌われてんな、という話ですが

無事OKを貰いました。

 

よかった~、ドキドキした。