レベルの高いひつまぶし

Après nous le déluge

身体性と積極性

父の高齢者専用賃貸住に行って風呂に入れてきた。

僕は自分があんまり他人に関心がないのと、根性がないのを知っているので

仕事に戻る時に、周りは介護の道を選ぶ人が多かったけど

自分ではそれを選ばなかった。

改めて大変な仕事だよなぁと思う。

昔はって、僕が小さい頃までは、これをほとんど家族の仕事としてやっていたんだよなとも思う。

家族だろうが仕事だろうが、やっている人は本当に大変だろうと、こんなちょっぴりの体験でも思いました。

 

帰りに中央線でドアの所に立っていたお姉さんが

摩擦係数の高そうなバックを戸袋に挟み込まれててあわててた。

ぱっと身体が動いて、開こうとするドアを引っ張って

無事バックを引き出せた。

反射的に動いただけだけど、周りの人たちはただ傍観していた。

 

断言するけど、今日でなかったら僕もただ見てたと思う。

身体を使って人と関わって来たから自然に動けたんだと思う。

 

ただし、その後はお礼言われてもぶっきらぼうな感じなんだけどさ(笑)

ここは変わらんなぁ