レベルの高いひつまぶし

Après nous le déluge

グラサン捨てんといてや

金環食用のサングラスを買った人も多いと思う。

曇りってビミューな天気予報が心配ですね。

 

次に日本で金環食が見れるのは、

1サロス周期(18年10日8時間)後の2030年6月1日になります。

このサロス周期ってのは

太陽と月と地球が相対的に同じ位置に来る周期のこと

まぁ「最小公倍数」みたいな感じですね。

 

あーもう僕、還暦超えてるよorz

 

いくら物持ちのいい人でも

今回の日食用のサングラス持っとくわけにはいかないでしょうが

 

ちょっと捨てるの待ってください。

日食マニアの沢尻エリカさんに

いや、違う。

 

実はたった2週間後の6/6にこんなことがあります。

金星の日面経過

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/faq/transit.html

金星が太陽の前を横切る天体ショーだ。

 

前回の金星による日面経過が2004年にあったから

そうたいしたことないと思われがちだけど

こっちにも周期があって

8年,121.5年,8年,105.5年の順番

今回を逃すとなんと次回は105.5年後の2117年12月11日

 

たぶん生きてない。

ので、ぜひ5/21がダメでも6/6の金星をよろしく。