レベルの高いひつまぶし

Après nous le déluge

PCを安く買う方法 その1

世の中、いくらスマホ、スマホといってもまだまだPCじゃないと出来ないことは結構ある。

特にビジネスで使っているとOffice系やプレゼンテーションなんかはやっぱりまだPCでやる方が楽だったりする。

 

今年の秋に新しいWindows8が出る。

まだXPを現役で使っている人、

そろそろハードディスクがやばくなってきていませんか?

XPのサポートは延長されたとはいえ再来年までですよ。

 

ということで、PCを安く買う方法をまとめてみた。

 

その前に前提として

PCの発売時期は

1~2月にかけて発売される春モデル

5~6月にかけて発売される夏モデル

10~11月にかけて発売される秋冬モデル

の年3回ある。

お年玉と夏冬のボーナスで買うと覚えてください。

 

あと、特に日本のメーカーはどんな家電でもそうだけど

松竹梅の3種類がある。

価格は大ざっぱに、松20万、竹15万、梅10万くらいと思ってください。

 

で、特別なことをしないんだったら普通は梅で充分。

確かに高い方の製品が長く使えるのは間違いないが、

もともとの商品のライフサイクルが短いから、

今の松は、2年もすれば梅と同じになってしまう。

 

だから5年ごとに松を買うより、3年ごとに梅を買った方が、

例えば15年で

松20万×3=60万

梅10万×5=50万

と安くなる。

 

5年じゃあまりにも短いと言うなら、8年と4年でもいいです。

16年を、

松20万×2=40万

梅10万×4=40万

あれ変わんないじゃんと思うなかれ、

最新のテクノロジーを使える機会が上は2回に対して、

下は4回もある。

 

設定とかめんどくさいという意見はあるが、

安い製品を買い回していく方がメリットが多いのは事実だ。

しかも買う機会が多いとその分後で書く値引きを受けられる回数も多い。

 

話が長くなりそうなので一回ここで終わります。